猫の生態とキャットフード選びの大切さ

猫の生態とキャットフード選びの大切さについてまとめました

猫のご飯のこと

ご飯の時間になると、しっかりわかっていて飛んで来たり、いつものキャットフードの袋をがさがさとさせるとご飯をくれるの?という顔で待っていたり、猫などペットの楽しみな時間が、ご飯の時間です。猫は明け方と夕方活発になります。飼い猫もこの時間帯に活発に動く猫が多いですし、のらちゃんは、自分のテリトリーを周り異常がないかを確認します。この動いている時間帯に食事をする生態を盛っています。基本的に、朝、夜にご飯をあげるというのが、猫の生態にあったご飯の与え方、といえます。

一般的に12時間くらい時間をあけるのがよしとされるので、朝は6時から8時くらいに、夜は18時から20時くらいにご飯の時間を作ってあげるといいでしょう。仕事の都合などで、1日2回上げることが出来ないと、起き餌をしている方も多いのですが、一変に沢山食べてしまったり、時間が空きすぎて早食いとなり、ご飯を履いてしまうという事もあります。キャットフードは今、通販サイトなどでも販売されていますが、それぞれのライフステージに応じたもの、また猫ちゃんの健康などを考慮して選んであげてください。

関連サイト…すべてのライフステージの猫に与えられるプレミアムキャットフード〔カナガン〕

最近は、人が食べるものをあげてしまう事もあるようです。猫ちゃんの健康を考えて猫ちゃん用に作った物ならいいのですが、人が食べているものを欲しそうだから上げるとか、スナック菓子などをあげるのはよくありません。肥満になったり、猫特有の腎臓系、膀胱系の病気になる事もあります。体の具合が悪い猫には、病院で販売されているキャットフードもありますし、病気、症状別にキャットフードが用意されています。こうしたキャットフードはインターネットで購入する事が出来るので、猫の身体の事を考えて、あげる時間、量、内容をよく考慮し、わからない場合には獣医さんやペットショップの方に聞いてあげるほうがいいでしょう。

Previous